Welcome to my homepage

交通事故に遭うとケガなど肉体的な痛みや苦痛とともに、精神的なショックや悲しみ、苦痛が生じます。
事故の生々しい状況がいつまでも脳裏にこびりついたり、フラッシュバックしたり、PTSDなどの精神的な障害が発生するケースも少なくありません。
骨折や打撲、むち打ち症などの肉体的な痛みは同時に精神的な苦痛も伴います。
寝ていられないほど痛い、歩いたり座ったりするのも苦痛、常に体が重くだるくて仕方ないなど、事故前のような元気な状態に戻れない限り、心も晴れず落ち込んだままです。
こうした精神的な苦痛を金銭で評価するのが慰謝料です。
もっとも、主観的な感情を数値化するのは難しいため、客観的な尺度に置き換えて算定がなされます。
ケガの程度や学校や会社を休むなど日常生活に支障を生じた程度や、後遺障害が残った程度などが勘案されます。
そのため、素人にとって妥当な金額がいくらかが分かりにくく、相手方との示談交渉においても適正な金額より少ない金額で合意してしまうケースもあり得ます。
賠償金をしっかり得られないことも、更なる精神的苦痛に繋がります。
そうならないためにも、交渉のプロであり、被害者有利な金額に導いてくれる弁護士など専門家の力を借りましょう。