Welcome to my homepage

電力の自由化が始まり、様々な企業が電力市場に進出していますが、2017年4月からは電力と同じようにガスも自由化が始まります。
ただ電力の場合は電気メーターの交換などが必要になりますが、基本的にどこの電気でも自由に選ぶことができます。
一方でガスの場合は現時点でも都市タイプとプロパンタイプで分かれているのが現状です。
ですから安いから変えたいと思ってもレンジやパイプなどを交換しなければならない可能性もでてきます。
一応経済産業省の見解では新たに工事をしなくても大丈夫だということになっていますでのとりあえずは安心できるのではないでしょうか。
では自由化によって何がどう変わるのかというと、まず重要なのが料金の計算方法が変わるということです。
単純に値引きされる可能性もありますし、例えば携帯料金とセットでだったり、ガス会社とは関係のない会社が新たにサービスを開始してそれによってトータルで割引になっているというプランも登場することが予想されます。
選択肢が広がることが大きなメリットになるわけです。
ただデメリットといえるのは、このようなセットプランでは料金の計算方法が複雑になるので、本当に得をしているのかどうか判断しづらいところでしょう。
いくつも比較検討する必要がありそうです。