Welcome to my homepage

メガネやコンタクトレンズ、またはレーシック手術など、今や視力矯正の医術はどんどん発展しています。
最近では、オルソケラトロジーという新たな近視治療法があることをご存知でしょうか。
患者の目の形に合わせ、専用にデザインされた特殊なコンタクトで、レンズによって角膜の形を変えるのです。
いわば、つけたまま目の視力を回復させる、コンタクトレンズといったものです。
近視は眼から入った光が網膜の手前に集まり、ピントが上手く合わずにぼやけて見えることです。
コンタクトレンズは、装着時に光を屈折させることにより、はっきりと物を見えるようにする器具ですが、オルソケラトロジーは眠っている間に角膜を固定し正常な形に整えます。
そうすることで眼から入った光が網膜に合うようになり、近視が無くなるのです。
永続的な視力回復効果の期待としては、人によってまちまちですが、特に小さい子どもや若い方は何日か経って効果を感じる方がいるようです。
基本的にその効果は一時的なものですが、装着する期間が長ければ長いほど、次第に持続する傾向にあります。
個人差はありますが、数日後に裸眼で生活できるようになったという方もいるのです。
オルソケラトロジーはコンタクトレンズとは違い、寝ている間に装着するというものなので、特に眼科選びは安心できるところを選ぶようにしましょう。